消費者金融知識

消費者金融情報

最近の消費者金融について

みなさんは消費者金融を利用したいと思った事はありますか?

おそらくですが、多くの人はお金に困っても消費者金融からお金を借りないと思っていると思います。



それは確かにそうできるに越した事はないと思います。

ですが、中にはそうもいかない事もあると思います。



そういう時には是非躊躇しないで消費者金融を利用して欲しいと私は思います。それはなぜかというと、もし、何が何でもある程度まとまったお金を用意しないといけない事態になった時に親類縁者からお金を借りるという事になるからです。



その場合その親類がお金を貸してくれたとしてもその人のあなたに対する感情は確実に悪化します。しかも、その事に強い不満があったりすれば周りにあなたがお金を借りに来たと言いふらす可能性もあります。



少なくとも私はこういう人を見かけた事があるので、みなさんもお金に困った時は消費者金融から借りるのが無難です。



第一最近の消費者金融というのはきちんと計画的に借りれば本当に便利です。ですから、昔のような暴利を貪るというイメージは捨てた方が良いです。


ミュゼで予約をしよう

ネットキャッシングの便利性

最近ではキャッシングをする際にインターネットで融資を行うネットキャッシングという融資の方法があります。ネットキャッシングはインターネットで銀行口座が管理できる銀行が行っていて、銀行に講座を開設するとネットキャッシングができる仕組みになっています。ネットキャッシングを申し込む際も収入などの審査は原則的にあるが、収入などの証明書が必要ないのが特徴です。融資の限度額は自分の銀行口座を開設している銀行は、1千万円という高額で設定しています。適用する金利に関して、融資を受けるお金が大きいほど金利が低くなるのが特徴です。ネットキャッシングの一番便利な所は、インターネット上で取引が完結してしまう事であって、借金の返済時に自動的に口座から引き落として借金の返済が完了する便利な仕組みになっています。返済を約束した日に自動的に引き落としという形で返済される事になるので、口座に融資を受けた額と金利の額を入れておけば問題がないのです。

総量規制で消費者金融の審査が厳しくなりました

総量規制で消費者金融の審査が厳しくなりました。

総量規制によって、年収の1/3を超える金額の貸付を消費者金融は行えません。

以前はこの規制がなかったので、年収が少なくても多くのお金を貸してくれる消費者金融は意外と多かったです。



しかし、今は法律で規制されているので、例えば年収が300万円のサラリーマンがキャッシングできる上限額は100万円までとなります。

これでは住宅ローンを利用することもできないので、総量規制にも例外はあります。

住宅ローンや車のローンは総量規制の対象外です。



また、銀行業務の総量規制の対象外となります。

しかし、消費者金融でのキャッシングは総量規制によって厳しく規制されています。

今までの返済履歴に遅延がないとしても例外なく年収の1/3を超える金額の借入れはできません。



そうなると、専業主婦の場合は収入がないので、キャッシングを利用することができません。

配偶者に収入があれば、同意書などの条件が揃えば利用できる場合もありますが、以前よりも条件は厳しくなっています。